熱中症は寝る時ににエアコンをつけないと?寝る前や寝る時の対策も

熱中症は寝る時ににエアコンをつけないと?寝る前や寝る時の対策も

なんかこれだけ暑いと、夏というより罰ゲームですよね。連日38度とか39度とか。インフルエンザも真っ青ってカンジ。ってなると、熱中症予防で寝るときもエアコンが必要ですよね。寝る前に室温を下げろとか言うけど、それだけで熱中症予防の対策になるんですかね。

スポンサードリンク

熱中症は寝るときにエアコンをつけないと?

夏の暑いとき、エアコンをかけないとやってられまへん。が、寝るときはエアコンを切りましょうっていうか、タイマーで切れるようにしましょうって言われてきました。

かけっぱなしだと身体に悪いとか、朝起きたときにだるいとか。って確かにそうです。そうなんですが、これだけ暑いとその辺の言うことも変わってきました。

まず熱帯夜っていうように、夜中でも30度を下がらない日が続いています。所によっては、夜中でも35度って。熱帯ですな。

ってなると、エアコンをかけないと死んじゃおロース。っていうか、本当に死亡事故が起きていますよね。

特にお年寄りっていうか高齢者。高齢になると暑さ寒さを感じにくくなるっていうのもあります。が、一番は、エアコンはぜいたく品っていうイメージも。

あと、やっぱり寝るときはエアコンを切ってっていうのが浸透しているんでしょうね。まあ、一昔前だとそれもアリでしたが。

が、結局お年寄りが亡くなっているのって、エアコンをかけてなかったり、エアコンをタイマーで切れるようにしていて、タイマーが切れたあとだったりですよね。

たまに、エアコンが壊れていて、扇風機だけまわっていたとも報道されていますが、とにかく真夜中でも30度を越えるとねえ。

ってことで、私は前から言っていましたが、某公共放送なんかも健康番組で解説していたように、エアコンをかけて室温を下げて布団をかけて寝るっていうのが、今年の夏は正解みたい。

結局エアコンをかけっぱなしで寝るのは身体に悪いっていうのは、風が直接身体にあたるからとか、身体を冷やすからってことですよね。

が、夜でも30度を超える場合は、そもそもそっちの方が命の危険になります。ですから、室温を25度ぐらいまで下げて、その分布団をかけて寝るっていうのが2018スタイル。

前にも書いたけど、某公共放送の実験では、室温を15度まで下げて、冬の布団をかけて寝るのと、エアコンはかけずにタオルケットだけで寝るのでは、室温を15度まで下げたほうが熟睡できたという結果がでているんですね。

それに、今年は専門家も室温はさげてください。身体に当たるところは冷えないようにきちんと布団をかけてください。と説明しています。

ということで、エアコンをタイマーで切れるようにするっていうのは、夜はちゃんと気温が30度以下に下がる場合で、熱帯夜の場合はそれで熱中症になるので気をつけてください。

熱中症防止には寝るときと寝る前に室温を?

まあ、時代とともに言うことが変わるのはよくあること。我々が高校生ぐらいまでは、運動中は水を飲むなって、保健体育の先生まで言ってましたからね。

22世紀の現代は、運動中はこまめに水分を取りましょうって言うこと変わるし。ってことで、寝る時のエアコンもここにきて常識が変わってきたようです。

よく言われるように、寝る前に室温を下げておくと、入眠しやすいっていうのはそうみたいですね。が、エアコンが切れると、今年なんかは急激に室温があがるじゃないですか。

それに、エアコンをかけるってことは窓を閉め切っているわけだから、エアコンが切れたらそりゃーサウナ状態。

ってことで、寒冷地で夜は23度とかになるのなら、エアコンもいらないし窓を開けて寝ればいいけど、夜でも30度を下回らない都市部だと、朝までエアコンはつけっぱなしにしておきましょう。

もちろん、以前からいわれているように、エアコンの風は直接身体にあたらないように。できれば、サーキュレーターとか使って、室内の空気をかき混ぜるといいですね。

そして、室温は下げても身体周辺は暖かくってことで、きちんと布団をかけて寝ることにしてください。

これは白馬とか行くと実感するけど、当然夜は20度を下回る日もあります。ですから、エアコンがない宿泊施設も多いです。

それに、布団は冬布団なんですね。夏なのになんで?って思っていたら、夜は真夏でも寒い。しょうがないから冬布団をかける。朝まで熟睡って言うわけです。

そんな白馬でも昼間は30度を越えますからね。ってことで、室温と身体の回りの温度、結構重要です。

スポンサードリンク

熱中症防止の寝るときの対策は?

でも、エアコンをかけっぱなしだとなんかだるいって言う人もいます。一つは、直接風があたるからってことで、風が当たらないようにしてください。

もう一つは身体が冷えるから。結局身体が冷えるから血流が悪くなって、身体がだるいって言うわけ。

ですから、何度も書くように室温は下げるけど、身体の回りというか、身体にあたるところは暖かくすれば、だるさもなくなります。

あと、エアコンは乾燥してのどがイガイガするって言う人もいます。この場合は、寝る前にコップ1杯の水なりお茶を飲んでください。

これは脱水症状回避にも役立ちます。最近は夜のニュースでも、寝る前にコップ一杯の水っていうようになりましたしね。

ってことで、22世紀の熱帯夜はエアコンと冬布団、それにコップ一杯の水っていうのが合言葉になりますね。お気をつけください。

白馬東急ホテル

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

エアコンかけて布団もかけるって変な話ですが、これだけ酷暑だと今までの常識で考えていると身体がおかしくなりますからね。

でも、ホント白馬の夏っていうのはビックリです。昼間は当然暑いですよ。ですから、建物にもエアコンが入っているところもありますが、客室はないんです。

まあ、客室は夕方から朝までですからね。その時間はエアコンが要らないし、夜は寒いぐらい。ってことで、一度あの快適さになれると、他のところに住めなくなりますね。では、良い熱帯夜を。

関連記事
エアコンは寝るときタイマーで?

スポンサードリンク