アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

経口保水液ってスポーツドリンクと違うの?作り方とか味を比較すると

毎日38度39度って、熱帯になってしまった日本。40度も珍しくないですからね。そうすると、熱中症対策に経口保水液を持っておきましょうとか言われます。経口保水液ってスポーツドリンクとは違うんですかね。緊急のときの作り方も簡単とか。でも、市販のものの味を比較すると結構違いますよね。

スポンサードリンク

経口保水液ってスポーツドリンクと違うの?

毎日、毎日熱帯のような酷暑で、死んじゃおロースっていうか、本当に熱中症で搬送される人も激増していますよね。

特に高齢者とかは、室内で熱中症になったりするし、もちろん外を歩いているとその危険性はありますよね。

日中の運動は控えるようにっていわれていますから、そういうアンポンタンはいないと思いますが、普通に生活するだけでも大変な世の中になりました。

そんな中、熱中症の症状が見られると、すぐに救急車を呼んだ呼ぶべきですが、それまでに経口保水液を用意しておくのがいいって言われていますよね。

薬局にはもちろん、最近ではドラッグストアにも品揃えがあるから、一般市民も手軽に手に入れることができます。

そんな経口保水液ですが、これってスポーツドリンクとは違うんですかね。っていうか、ちょっと前まではスポーツドリンクを用意しておきましょうって言われていました。

まあ、スポーツドリンクでも水分補給ってことで、悪くはないんですが熱中症とかで脱水症状になったときは経口保水液の方が効果が大きいっていう訳です。

っていうのは、脱水症状のときって電解質っていわれているナトリウムなどの塩分が不足しているんですね。

ですから、もちろんスポーツドリンクにも電解質はあるんですけど、経口保水液の方がスポーツドリンクよりも電解質濃度が高いんです。

それに水と電解質の吸収を速くするために、スポーツドリンクよりも糖分濃度が低いんです。

ってことで、通常健康というか、特に熱中症とかになっていないときでも、夏は塩分っていうか電解質が不足するから、スポーツドリンクを飲みますよね。

そのときはスポーツドリンクで十分ですが、脱水症状になったら、経口保水液の方が効果が得られるっていう訳です。

普通のスポーツドリンクは、ナトリウムが9~23(mEq/L)ですが、経口保水液だと、ナトリウムは50~75(mEq/L)ってことで、その違いが分かると思います。

ちなみに、熱中症のとき出てくる経口保水液ですが、本来は脱水症状ですからね。もちろん熱中症にも効果があるんですが、下痢・嘔吐・発熱とかによるときにも効果があります。

発展途上国だと、点滴治療が難しいことが多いので、初期の対策として経口保水液による治療が普及しているんですよね。

ってことで、一家に1本っていわれているのは理解できるんじゃないでしょうか。夏だけに限らず、冬場の胃腸炎とかにも対応できるので、常備しておいてください。

経口保水液の作り方って?

ところで、その経口保水液って市販されているから、それを常備しておけばいいですよ。ドリンクタイプ以外にゼリータイプとかパウダータイプもあるから、携帯もしやすいし。

なんですが、熱中症になりました。でも経口保水液がありません。とりあえず水を飲ませて置けばいいんでしょうか。

っていうときは、簡単に自宅というかその場で作ることが出来ます。砂糖と食塩は必要ですが、各家庭にあるものでできるので覚えておきましょう。

あくまでも緊急時ってことですが、水1リットルに対して砂糖大さじ 4と1/2、食塩小さじ1/2を加えれば、それで経口保水液が出来るというわけです。

ですから、何やら高齢者が熱中症みたいっていうときは、この方法で経口保水液を作って、救急車が来るまで飲ませておくというのが非常事態には有効です。

ちなみに、発展途上国では「コップ一杯の沸騰したお湯にひとつまみの塩と一握りの砂糖を入れる」ともいわれていて、そんなに難しく考えることはありません。

他にもっていうか、詳しいレシピは製薬会社のサイトとかにも載っているけど、重炭酸を入れたほうが吸収が早くなるともいわれているので、気になる人は探してみてください。

スポンサードリンク

経口保水液の味を比較すると

そんな経口保水液ですが、飲んだことがある人は、「あれってまずいよね」っていいます。っていうか、言ってました。

そう、過去形。以前の経口保水液って、こんなの飲めるかってカンジだったんですよね。確かに薬というか、治療に使うものですからね。

が、そこは細やかなリクエストに応えるのがお得意の日本ですからね。今発売されているものはずいぶん飲み易くなっています。

そんな中でも、私の独断と偏見で現在市販されている傾向保水液の味を比較してみました。あくまでも私個人の感想ですので、実際は飲んでみて確かめてくださいね。

現在市販されているものは、アクサソリタ、アクアサポート、OS-1、日本薬剤経口保水液の4種類ですかね。

アクアソリタは、そんなにしょっぱさは感じないし、りんご味で飲みやすいですね。アクアサポートもりんご味ですが、ちょっと塩辛いかな。

OS-1はポカリ風味だから、結構すんなり飲めると思います。とは言っても、ポカリの甘みが薄くなって、塩味が濃くなったイメージ。

で、以前からまずいって言われていたのが、日本薬剤の経口補水液。いわゆる治療用ってカンジで、飲めないわけではないけど、あまりお奨めはしないって感じですかね。

もちろん、私の個人的な感想だから、一度試してみてこれなら悪くないかなっていうのを選んでください。

アクアソリタ【500ml×24本】

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

経口保水液って、ちょっと前までなんか特別な医療用のものっていうイメージでしたよね。って今も基本的には治療に使うものだけど、これだけ酷暑が続くとねえ。

一般市民も1本はもっておきたいと思っています。特に私の母なんか90歳になりますからね。それでも昔の人だから、中々冷房をつけないし。

ってことで、便利な世の中になりましたが、中高年は自分のことも注意していないとね。若い頃のようにはいきませんからね。では、お大事に。

関連記事
熱中症対策といえば水分補給だけじゃなくて食べ物も?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,