アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

9月病の症状ってどんなカンジ?対策とか9月は病気になりやすいし

9月になると、まだまだ暑いっていっても、真夏の酷暑よりかはすこしは落ち着きます。が、そこでなんかやる気がしないとか、体がだるいとかって人も増えてくるんですよね。いわゆる9月病ってやつ。どうしてなるんですかね。対策とかあるんでしょうか。やっぱり夏の暑さが一段落すると病気にもなりやすいのかな。

スポンサードリンク

9月病の症状は?

9月病ってなにやら最近よく聞くようになりましたが、何でも○○病ってつければいいってもんじゃないんですけどね。

っていうか、まあこれまた一種の5月病みたいなもの。8月に夏休みがあるから、そこで緊張の糸が切れて、9月になるとやる気がしないっていう奴。

はいはい、私は毎日やる気がしないから、365日病って言われそう。ってそんなオッサンはおいておいて、結構最近そういう人が多いですね。

これまたそれだけストレスが多いってことでしょう。だって、通常は24時間とは言わないけど、家に帰っても携帯とかメールで追いかけられるし。

休みの日も精神が休まりませんよね。そんな中、夏休み中は唯一全社一斉に休みだからうるさい上司からも連絡ないし。

っていうことで、今までの精神的肉体的疲れがどっと出るという訳。それが8月後半とか9月になると、気温も少し低くなりますからね。

あー、なんかやる気がしないとか、体がだるいとか、食欲ないってことで、おかしいおかしいと思っていたら、それは9月病って言われたって訳です。

とか言ってる場合じゃなくて、結構それが大変。やる気がないって言っても、私のように年中だと、そういう人で済みますけどね。

今まで普通に仕事ができていたのに、急になんかやる気がしないとか、体がだるとなるとねえ。本人も心配だし。

ただね。これがいわゆるストレスだけっていう問題じゃないんです。もちろんある意味ストレスなんですが、暑さというストレス。

昨今39度とか40度とかになるじゃないですか。そりゃー、体も参りますよ。それに、室内では冷房ガンガン掛けるし。

これはもうどうしようもありません。前にも書いたけど、私も東京にいるときは、とにかく室内では、ガンガン冷房を入れてました。

じゃないと、夜になっても30度を下回りませんからね。冷房かけないと、逆に危ないぐらい。

なんですが、それって体にかなり負担がかかっているんですよね。ですから、朝晩は冷房がいらなくなる9月になると、どっと疲れがでるんです。

やる気がないとかだるいぐらいじゃなくて、モノが食べられないとかね。結構毎年なっていました。

それが2週間も3週間も続くとねえ。いいダイエットにはなるけど、結構苦しかったですね。

ってことで、既に熱帯化している日本では、精神的ストレスだけじゃなくて、ひと夏を過ごすっていうのは、体にもすごく負担がかかっているってことを認識してくださいね。

9月病の対策は?

じゃあ、その対策はってことですが、ストレスをかけないこと。ってそんなの小学生でも言えますよね。

が、これが私の例でいうと、東京を離れて真夏でも朝晩は冷房がいらないところに引っ越したら、9月病がピタッと治ったんです。

ってことで、皆さんそう簡単には移住できないと思いますが、それぐらい外気温との差が激しと身体に負担がかかっているということ。

ですから、それをできるだけ少なくするようにするしかありません。そうはいっても40度とかの日に冷房をかけないわけにはいかないし。

ってなると、これはもう少しぬるめのお風呂にゆったりと入って、自律神経の不具合を調整するしかないですね。

暑いからシャワーっていうのは、9月病を促進させるので、必ず湯船につかってくださいね。あと、冷たいものもできるだけ控えましょう。

暑いから冷房をかけるのは仕方ないけど、腸を冷やすと体の不具合の元ですからね。できればガンガン冷房をかけて、鍋でも食べるのがいいといわれています。

が、それを実践するのは大変でしょうから、せめて冷たいものじゃなくて、飲み物も常温とか、そういうものを採るようにこころがけてください。

それから、睡眠。これもどっかで書いたけど、暑いと寝られないっていう場合は、結構強めに冷房をかけて、室温自体は20~25度ぐらいまで下げます。

が、体の周りは暖かくってことで、厚めの布団をかけて寝ると、熟睡できます。お風呂にゆったり入って、しっかり寝る

これだけで、結構9月病防止になるので、とりあえず騙されたと思ってやってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

9月の病気は?

あとね、9月って結構感染症というか、食中毒系の病気も多いんです。食中毒っていうと、夏とか6月ってイメージですが、統計とると9月多い。

ってことで、体事態も夏の暑さで弱っているところに、まだまだ暑いから食物の腐りやすかったりして、おなかを壊すことも多いんですよね。

ってことで、手洗いの徹底はしてください。もちろん、それが他のウィルス系の感染症予防にもなりますからね。

ってことで、実は9月っていうのは、いろんな意味で体が弱って来たり病気になりやすい時期。9月病だけじゃなくて、ちょっと一息いれて、体のメンテナンスをしてくださいね。
特許成分免疫ビタミンLPSサプリメント免疫ビタミンLPSマクロ元気乳酸菌1250億プラス2個セット30粒+30粒リポポリサッカライド+高濃度乳酸菌(EC-12)+アスタキサンチンサプリメント1粒にヨーグルト約12個分乳酸菌/携帯子供可/猛暑・夏バテ花粉症対策/元気/美肌/食べる美容サプリ

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

5月病にしても9月病にしても、やっぱりそれはそれまでちょっと頑張りすぎたってことですよね。その反動でもあるし。

そういう意味では、常に頑張ってない私は今ではほとんど9月病にはならなくなったんですよね。ある意味、人生のバランスはそういう風に取っているのかもしれません。では、良い9月病を。

関連記事
5月病は新入社員がなるもの?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,