アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

アウトドア

9月になると山登りは初心者でも可能?関東のおすすめとか服装とか

9月になると、少しは涼しくなるし、下旬だともう秋真っただ中ですからね。スポーツの秋ってことで、登山というかちょっと山歩きでもっていう人も山ガール(含む昔の)ブームで増えているみたい。といっても、初心者でも大丈夫な山って関東だとどこですかね。服装とかも気になるし。

スポンサードリンク

9月になると山登りは初心者でも?

スポーツの秋ってことで、9月になるとなんか体を動かそうっていう人も多みたい。

まあ9月もまだ暑いといっても、敬老の日とかになるとねえ。結構朝晩は涼しくなるし、山登りでもしよっかなあっていう人も増えてきます。

昨今山ガールも定着したけど、逆に今まで山とか行ったことなかった人が友達に誘われて、初心者向けなら行ってみようかなあとかね。

確かに9月になると気温も下がるから低山とかもおすすめ。当然日帰りですが、途中までロープウエィとかケーブルカーがある山だと初心者でも大丈夫。

あと、山というより高原ですね。そこに木道とかあると、普通のスニーカーでも大丈夫だし、意外と高低差があったりしますからね。

とりあえず、初心者向けの山で片道せいぜい2時間以内っていうところだと、山が初めての人でも大丈夫。

ルートガイドの参考時間って、結構ゆっくり目で書いてあるんです。ですから、20代ぐらいの人なら、初心者でもじぇんじぇんそれより早く登れます。

また、片道2時間って言っても、往復で4時間ですからね。朝はゆっくり目に出発しても10時に出発して山頂につくのが12時すぎ。

そこでご飯食べたりして、13時に下り始めても麓につくのは15時ってことで、結構1日仕事になります。

そういう意味では、本当に今まで全く山に登ったことがない人だと、ケーブルカーとかを使って、歩く時間は片道1時間でもいいかもしれません。

1時間あるくっていうと、結構な感じもしますが、山の中でゆっくりゆっくりだと、意外とあっという間だったりするんですよね。

もちろん等高線が1ミリもないような急登りだと、1時間といっても罰ゲームですが、初心者向けの山のそういうところはないですからね。

ってことで、山登りというよりハイキング。そのちょっと延長で多少上りもあって、山頂に到着したら見晴らしがいいっていう山だと、山ガール(含む昔の)デビューにはいいんじゃないでしょうか。

9月の山登りは初心者だと関東では?

じゃあ、実際にどこの山がいいですか?ってことですが、全国にはたくさん山がありますからねえ。

とりあえず首都圏に限定すれば、まずは大人気の高尾山でしょう。とにかくアクセスが最高。新宿駅から特急で40分ですからね。

高尾山は598メートルの山ですが、ふもとから登ってもザ・初心者でも1時間半あれば登れます。若い人なら初心者でも1時間ぐらい。

それに、もしちょっと自信がないっていう人はケーブルカーがあるから、あとは40分ぐらい歩けば頂上。

頂上には売店もあるし、ほとんど観光気分で大丈夫。といっても、コースがたくさんあって、結構トレッキングコースもあります。

ですから、足慣らしにまずは高尾山でって山登ら―もいるぐらい。ザ・初心者から経験者まで対応の山ですから、迷ったら高尾山ですかね。

もうちょっと都会を離れたいってことなら、筑波山。ここは日本百名山でもあります。が、これまた秋葉原からつくばエクスプレスで40分でつくば駅。

そこからシャトルバスで30分で登山口ってことで、首都圏からのアクセスもバッチリです。男体山と女体山からの山ですが、これまたケーブルカーがあるので、それを使えばチョチョイノチョイ。

登山口からでも1時間もあれば余裕で登れます。が、筑波山は登山道の距離は短いのですが、結構急登があるので、やはり最初は高尾山、その次に登るのがいいじゃないでしょうか。

その他になると、ちょっと真面目に準備をしないといけません。尾瀬なんかも尾瀬ケ原の半分手前だと、ほとんど平地だから、自然の中を実感っていうのはいいのかもしれません。

が、帰りはちょっとのぼりが続くから意外と大変。といっても、尾瀬の場合は首都圏からの日帰りツアーがジャンジャン出ているから、参加してみるのもいいかもしれません。


スポンサードリンク

9月の山登りで初心者の服装は?

ところで、9月に山登りをするとき、特に初心者だと服装はどんなもんでしょうかっていうのが知りたいですよね。

9月といっても、山によっては結構違いますからね。あくまでの初心者が1000メートル以下の低山に登るって言うのが前提。

そうすると、地域にもよりますが、上に書いた高尾山とか筑波山だったら、まだ暑いから夏用の長ズボンに速乾性のあるTシャツの上に速乾性の長袖シャツですかね。

歩き出すと暑いからTシャツでいいけど、休むときは風が吹くと結構冷えたりするので、長袖シャツは持っていきましょう。

あと、当然雨具はもっていってくださいね。防寒具にもなるし、急な雨にも対応できますから。それ以外になると、尾瀬とかでも尾瀬ケ原で標高1500メートルですからね。

歩くところは平地でも、気温は結構低いです。尾瀬の場合は別の記事にしているので、そっちを読んでください。

尾瀬といっても初心者にはきちんと準備をしないと、結構こんなはずじゃなかったってなりますから気を付けてくださいね。
モンベル mont-bell メンズ アウトドア トレッキング 雨具 レインウェア サンダーパス ジャケット Men's 1128344 RB/PR


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

9月の首都圏って暑いですよね。年によっては10月でもまだ暑い。ってことで、通常は高尾山なんかだと、Tシャツ一枚で大丈夫。

でも、頂上だと風が吹いて日が陰ると意外と寒かったりします。筑波山だとねえ。標高800メートルあるし、茨城だしってことで、雨具はもっていってくださいね。では、良い山デビューを。

関連記事
尾瀬に行く時の持ち物とか服装とか装備とか

スポンサードリンク

-アウトドア
-,