SNSの迷惑行為ってどうしたらいいの?迷惑メールは拒否が基本?

SNSって便利だけど、その分迷惑行為もついて回るので困ったもの。最近SNSをはじめたって言う人だと、意外と対処法が分からないみたい。迷惑メールは拒否が基本ですよね。

スポンサードリンク

SNSの迷惑行為って?

SNS、22世紀の現代だと電話と同じように通信手段にもなっていますね。意外とLINEで連絡取り合う方が、電話より多いって言う人もいるぐらい。

なんですが、その反面、ミドルエイジとかシルバーエイジで、最近スマホデビューして、なにやら友達やら孫からSNSやってよーってことで、始めた人もまだまだいるんですよね。

電話と違って、相手の都合を気にしなくて良いし、写真や動画も見れたり送れたりするから、便利、便利と喜んでおりました。

ら、なにやら迷惑行為にあってどうしようっていうことに。そうなんです。SNSって、世界中とつながっているから、結構いろんな迷惑行為がありますよね。

いわゆるスパムという奴。携帯電話のときなら迷惑メールぐらいだったけど、SNSだといわゆるパソコンと同じですからね。

知らない間に自分の投稿が悪用されていたり、変な広告を友達にばら撒いていたりというようなこともしょっちゅう起きています。

これは、やはり使う人がきちんとそのあたりを認識しないといけないし、中高年でよく分からないって言う人は、本当は使っちゃあねえ。

運転免許を持ってない人が車を運転するようなものですからね。っていうと、それを言っちゃあおしまいよってことで、SNSがないと連絡が取れないって言う人もいますからね。

ただ、ありがたいことに、SNSをやるとそういう困った状況になったら、困った、困ったコマドリ姉妹っていうと、知り合いが対処方法を教えてくれるんですよね。

それに、ちょっと自分で調べよう思ったら、SNS 迷惑行為 とかで森田検索すれば、対処法がわんさかでてきます。

ってことで、とっても便利な世の中になったけど、その分困ったことも多くあるし、下手すると知らない間に人に迷惑をかけていたり、はたまた極端な話訴訟に発展するようなこともあります。

ってことで、誰でも始められるSNS、本当は最低限の仕組みを理解するまでは使わないほうがいいんですけどね。

そこは、お孫さんたちに助けてもらってください。あっ、私のような独居中年は孫がいないから、寂しい中年を助けるボランティアにお願いしていますけど。

SNSの迷惑メールは?

ということで、ネットで色々と検索している人には何を今更ってことですが、意外と私の周りの中高年では、そういう人がいたりするので、まだまだ世の中発展途上ってことなんでしょうね。

で、フェイスブックなんかで多いのが、なりすましっていうか、知らない間に変な広告を友達に配りまくったりするスパム。

その広告をクリックしたらアウトってことで、レイバンなんかが有名ですよね。ただ、これが怖いところが、クリックしなくても知らない間に感染していたりします。

というのも、フェイスブックにはよく「シェアしてください」っていう広告がありますよね。あれをシェアしたら、大体アウト。

個人が書いている記事ならともかく、アプリを要求するようなもの、「これ以上読みたい場合は、シェアしてアプリをダウンロードしてください」っていうのは、99.99%怪しいと思ってください。

あと、知らない人からの友達申請。有名人っていうか、人前に出ることが多い人とか、公演とか講師とかしている人なら別ですが、そうでないのに知らない人からの友達申請は慎重に。

本当にあなたと友達になりたい人だと、友達申請と一緒に「私、ヨレ田ヨレ蔵と申しますが、戸籍上の氏名はインチキチキオでして、〇〇高校の同級生です」とかなんとかメールを同封してきますからね。

そうじゃない人は、単に顧客を増やしたかったり、最近は外国からの日本人なりすましで、スパム目的のものが多いから、知らない人からの友達申請はシャットアウトです。

それに、変なメールがじゃんじゃん届く場合は、アクセス拒否ができるようになっているので、そういう風に対応してください。

いきなりアクセス拒否したら失礼じゃないかとか心配する人がいるけど、迷惑メールを送信してくる段階で、先方の方が失礼ですしね。それに面識のない人ならじぇんじぇん問題ありません。

ちなみに、私のようにいつもヨレたコメントを書きまくっていると、これまた面識のある人でも、あまりに迷惑ってことでアクセス拒否に設定されるので注意してください。


スポンサードリンク

SNSの迷惑メール拒否は?

ということで、フェイスブックでもLINEでもメールというかアクセス拒否ができるので、そこは変な人にはアクセス拒否をしてください。

フェイスブックだと、アクセス拒否をすると先方にもそれが分かります。ただ、アクセス拒否とは表示されないので大丈夫。

「このアカウントは使われてないか公開されていません」みたいな文章が表示されるので、アレ?フェイスブック辞めたのかなあってカンジ。

LINEの場合は、先方には一切今までどおりだけど、こちらにメールが届かないっていうだけだから、問題ありません。

まあ、その辺理解している人なら、ありゃ、アクセス拒否にされたって思いますけどね。って、それは私のことですが。

ってことで、ネットの世界は便利なことも多いけど、危険も一杯ってことで、知らないもの、怪しいものはクリックしないようにしましょう。
デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』 「つながり」と「共感」で利益を生み出す新しいルール(MarkeZine BOOKS) (MarkeZine BOOKS) [ 林 雅之 ]


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私も過去にレイバンのサングラスじゃないけど、ああいうものをばら撒いたことがあります。

そのときは結構知り合いもみんな被害にあって、別にその広告をクリックしたとかじゃないのに、タグかなんかの設定を自分以外もO.K.にしていたのが原因だったみたい。

その辺、身に覚えがないのにいろいろとやっかいな問題も起こるので、常に注意が必要ですね。

それが嫌で、フェイスブック等のSNSをやらないとか、辞めたって言う人もいるけど、そこは自己責任で。では、良いSNSを。

関連記事
SNSの乗っ取り被害がまたまた拡大?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする