車の冬対策とか冬仕様って何からすればいいの?冬は燃費が?

首都圏とか近畿圏とかの大都市に住んでいると、特に冬になっても車の冬対策ってしませんよね。が、寒冷地に転勤になったり、今年からスキー・スノボに行こうとか言う人はねえ。冬仕様にしないといけません。それに冬場は燃費がねえ。

スポンサードリンク

車の冬対策は?

車って地方都市だと必需品だけど、首都圏とかだとねえ。別になくても暮らしていけます。

ですから、冬になって雪が降ったら、今日は雪だから車は乗らないようにしないとってことでおしまい。ししまい。

なんですが、寒冷地とか豪雪地に転勤なったりするとねえ。そういう訳にはいきません。

寒冷地豪雪地じゃなくても、冬場は結構雪がふるとかね。はたまた、今年からは車でスキー・スノボに行こうっていうアンポンタンの方も対策をしてないと大変なことになります。

まず、寒冷地、雪が降る地域に行くってことだと、当然タイヤですよね。タイヤを冬タイヤ、スタッドレスに替えるっていうのは思いつくと思います。

が、これがねえ。スキー場に週末に行くぐらいだったらいいけど、寒冷地に住むってなると、スタッドレスだけじゃあ大変。

ホントにかちんこちんになったり、大雪のときの坂道とかだとスタッドレスだけじゃあ滑りますからね。スタッドレスプラスチェーンです。

その辺は別の記事にしたから、そっちを読んでほしいけど、スキー場に行くっていうのは、ある意味除雪もしてあるから、慣れればそうでもないんです。

が、寒冷地だとねえ。こんなところが凍っているとかで、そりゃー遊びに行くのと住むのでは大違いっていう訳です。

それから、もちろんバッテリーですな。これまた寒冷地仕様が一番だけど、そうでなくても、2年以上のものは交換しておいた方が無難でしょう。

乾電池とかでもそうだけど、低温になると極端に性能がおちますよね。寒冷地だと最低気温がマイナス15度とかはザラですからね。バッテリーがいかれると、エンジンもかかりません。

それから、その次に考えるのがエンジンオイルですかね。これも最近のは結構低温まで対応いているけど、一応寒冷地用にした方がいいですね。

5W-30とかって数字がオイル缶に書いてあるけど、このWが小さいほど低温に対応しています。

現地のカーショップとかで、どれぐらいのものが適切か聞いてください。スキースノボで行く人でも、首都圏とかで交換すると、オイルが固まったってことになりますからね。

あと、冷却水。これも最近は凍るってことはなくなっているけど、寒冷地仕様にしておいた方が無難ですね。もちろん、冷却水の量もちゃんとあるかどうかね。

それから、同じように凍結っていうのがウィンドウォッシャー液。これは原液のまま使いましょう。

そうすると、だいたいマイナス20度ぐらいまでなら凍りません。が、水で薄めると凍ってしまって、出なくなりますからね。

あと、意外と忘れるのがワイパー。これまた冬用のワイパーじゃないと、ブレードのところに雪が溜まって、じぇんじぇん前が見えなくなりますからね。

この辺は、実際に雪があるところに行ってみないと分かりませんよね。住めば職場の人とか周りの人が教えてくれるけど。

他には、雪かきブラシと凍結防止剤。最近の車はキーレスエントリーだけど、鍵穴が凍ってカギが入らないってこともあります。

あとは、スコップですね。意外と雪だまりでスタックして出られなくなるってこともあるから、スコップは一本積んでおいてください。

そして、そういう作業をするときには、ドロドロになるから肘までのゴム手袋も一つ用意しておきましょう。

とりあえずは、こんなところであとは現地で必要なもをそろえていくってカンジかな。転勤の場合は、職場の人にいろいろと聞けば、その土地の特徴を教えてくれると思います。

車の冬仕様というのも

ところで、スキー・スノボで週末に遊びに行くぐらいならいいけど、転勤とかで寒冷地に住むってなると、本来なら冬仕様っていうか、寒冷地仕様の車にした方がいいんですよね。

寒冷地仕様車って、基本的に寒冷地とか豪雪で使うようにできているから、温暖なところの車を持ってきても、じぇんじぇん違うんです。

バッテリーも大きくなっているし、って積み替えても結局発電量が同じだと意味がないですよね。ですから、発電機っていうかオルタネーターも強力になっています。

スターターモーターとかワイパーモータも強化されているし、リアデフォッガーの強化、リアワイパーの装備とかね。言われてみるとそうなんだけど、この辺って寒冷地に住んでみないと分からないんですよね。

もちろん、スノーワイパーブレードとかで、雪がワイパーに溜まらないようになっているし、中には防錆性の強化とか、車内暖房の強化なんかもあります。

ってことで、転勤族ならまた数年で温暖なところに行くかもしれませんが、移住とかで寒冷地に骨をうずめる人は、車は現地で調達するべきですね。

スポンサードリンク

車は冬には燃費が悪くなる?

ちなみに、冬って燃費が悪くなるって言いますよね。これってなんで?ってことで、まあ、いろんな理由があります。一番はスタッドレスタイヤかな。

タイヤで燃費って変わりますよね。で、スタッドレスタイヤにすると、燃費は悪くなりますが、滑るよりかはマシですよね。

あとは、雪がない地方でタイヤは夏タイヤのママでも、冬はねえ気温がさがるから、いろんな要素で燃費が悪くなるんですよ。

まずはガソリンが気化しにくくなる。ってことは、その分ガソリンの供給量が増えるってことで、当然燃費は悪くなる。

それに、空気密度の変化ってういか、ガソリンと空気との割合で空気が多くなっているから、これまたその分ガソリンの供給が多くなる。

あとは、エンジンが冷えているからアイドリング時の回転数が高めとかね。まあそういうのが重なって冬場は燃費が悪いってことですな。

その辺、これまた寒いところだからしょうがないってことで、事故を起こさないように注意してくださいね。
ブリヂストンBLIZZAK【VRX】155/65R14【4本価格】【新品】【2018年製造】【送料無料】【N-BOX N-WAGON タント ムーブ ウェイク ステラ ワゴンR ミライース】

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

遊びに行くのと、住むのは大違いとはよく言ったもので、東京に住んでいるときは、12月から4月までは毎週スキー場に行っていました。

ですので、雪道の運転には自信がありました。が、上にも書いたように、スキー場って基本的に除雪していますよね。あとは、降っても新雪。

ですが、寒冷地に住むと、一旦雪がふると、道路の端とかには氷状になった雪がずっとあるんです。氷ですからね。当たると車体は凹むし、下手すると反対側に飛ばされます。

また、日陰のところは凍っているから、なんでこんなところでってとこでスリップします。ってことで、冬場は板金屋さんの稼ぎ時っていうのもよーくわかりました。では、良いスリップを。

関連記事
スタッドレスタイヤのメーカーでおすすめは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする