シルバー人材センターって何歳から登録?仕事内容とか時給とかも

シルバー人材センターって何歳から登録?仕事内容とか時給とかも

シルバー人材センターって、定年過ぎた人が今までやってきたこととか、特技を生かして、ちょっと仕事をしようかなっていう感じですよね。実際は何歳から登録できるんでしょうか。それに仕事内容とか、時給とかも気になりますますしね。

スポンサードリンク

シルバー人材センターって何歳から登録できるの?

シルバー人材センターって、結構聞きますよね。庭の植木の剪定を頼んだとか、エアコンのクリーニングをやってもらったとか。

って、頼む方はよく聞くけど、実際働いている人って、どういう人なんですかね。シルバーっていうから、やっぱり定年退職した人ですよね。

って思っていたら、私の知人のスノボオヤジが、「シルバー人材センターのシフトがなんちゃらかんちゃら」とか言い出したから大笑い。

そのおっさん、早期退職して悠々自適な毎日だったけど、スノボとかスケボーとかだと時間を持て余したみたいで、ついにシルバー人材センターに登録したってことみたいですね。

でもね。これって結構いいですよね。そもそもシルバー人材センターって、設立の経緯っていうのは、定年退職した人に生きがいをってことだったんですよね。

今と違ってひと昔前は、年金もたっぷりあったから、別に働かなくてもいいんだけど、今までずっと会社人間だとねえ。

家にずっといられると困るって奥さんに言われるし、どこに行くにもワシも行くって付いてくると「恐怖のワシ男」とか言われるし。

ってことで、それなら今まで会社で培った経験を生かして地域に貢献してください。ボアランティアだとアレだから、一応お給料も出しますってことだったんですね。

ということは、ネットビジネスか饅頭屋でぼろ儲け、までしなくても、一応それで何とか食べて行けないことはない。

でも、やっぱり人との交わりもほしいし、完全な自営だと浮き沈みがあるしっていうアンポンタンなんかでもいいですよね。

ってことで、私もさっそく調べてみました。シルバーかミドルかは置いておいて、身体がも心もヨレヨレですからね。

シルバー人材センターに登録してウッシッシになればばねえ。って思ったら、ナント!登録は60歳からだって。

これは全国どこでも一緒で、50代から登録できるところはないんですよね。ってことは、まだまだハローワークの中高年枠で応募しないといけないみたい。

週休4日か5日で、1日4~5時間、座っていればいいみたいな仕事はないですかね。えっ?その前に、ネットビジネスでも饅頭屋でもいいから成功したのかって?

それをいっちゃあだめー。ささやかな妄想の時間なんですからね。まあ、現実は早くネットビジネスか饅頭屋で定期的な収入を得るようにならないとね。世の中厳しいねえ。

シルバー人材センターの仕事内容は?

ところで、そのシルバー人材センター、実際にはどんな仕事あるの?っていうのが気になりますよね。まさか、スタジオのドア閉めてボタン押して笑っているだけっていうのはないだろうし。

シルバーセンターの業務内容っていうのは、結構多岐にわたっているんですよね。技術分野、技能分野、事務分野、管理分野、折衝外交分野とかに分かれています。

具体的には、技術分野っていうのは、家庭教師や翻訳・通訳。技能分野は、庭木の剪定、ペンキ塗り、障子やふすまの張り替え、衣類のリフォームなど。

それから、事務分野は一般事務から経理事務、パソコン操作や筆耕・宛名書き、管理分野というのは、ビルやアパートなどの管理、スポーツ施設の管理など、まあそのものですけどね。。

折衝外交分野って、結構大変そうですが、なんたってシルバーがやる仕事ですからね、実態は、販売員や営業、配達や集配、電気ガスの検針などなんですね。。

その他、一般作業では除草や草刈り、包装・梱包、エアコンや換気扇の清掃、調理作業、チラシ配りなどもあります。もちろん、掃除洗濯などの家事一般、高齢者の世話などの福祉サービスなども需要がありますよね。

へえ、それなら結構僕ちゃんでもできそうって思うのは甘い。なんたってシルバーですからね、私同様みなさん体力がない。

ってことで、希望職種は、事務分野、管理分野が圧倒的に多いんです。まあ、それほどハードじゃないし、経理部門に居たら、簡単な決算ぐらいできるし。

なんですが、これが需要はこれまた圧倒的に技能分野ってういか、庭木の剪定とかペンキ塗りとか、はたまた除草や草刈り、エアコンや換気扇の清掃なんです。

ってことで、シルバーと言っても60代ならまだしも、実際は70代が一番多いですからね。結構体力的に厳しいみたいですよね。

やっぱり限定50枚の頑固せんべいでぼろ儲けして、昼前には売り切れごめんっていうのでないと、ヨレヨレ軍団には厳しいですな。

スポンサードリンク

シルバー人材センターの時給は?

じゃあ、60歳になったとして、実際シルバー人材センターの仕事をするようになったら、時給っていうか、給料というか、報酬はどれぐらい?っていうのが気になりますよね。

が、ここでいろいろと問題があります。問題っていうか、シルバー人材センターって、そこに就職する訳じゃないから、登録してもみなさん個人事業主てことになるんですね。

ですから、仕事の対価は「賃金」ではありません。それに、同じ人に仕事が集中しないようにっていうこともあるから、分配金的な要素が多いですね。

となると、仕事の対価として受け取る価額は月8日~10日稼働した場合は3万円~5万円っていうのが、平均的な数字です。

とは言っても、上に書いたようにシルバー人材センターって、そもそもは「生きがいを得るための就業」ってことなので、安定した賃金っていうか報酬っていうのは難しいですね。

ひと昔前なら、ぬれ落ち葉だ恐怖のワシ男だっていわれるぐらいならってことで、シルバー人材センターでウッシッシだったんですけどね。

22世紀の現代みたいに、死ぬまで働かないと老後破産するってなるとねえ。シルバー人材センターっていうのは、一部の大企業を引退した人のためのモノってことになるかもしれませんね。

まあ、やっぱり私がいつも言ってるように、何歳なってもせんべいかまんじゅうを作り続けるしかないってことのようです。あっ、もちろんネットビジネスでボロ儲けでもいいけど。

ということで、私も今後の人生設計をもう一度見直さないといけません。やっぱり世の中厳しいですなあ。
年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

大原扁理さんの「年収90万円でハッピーライフ」だと、週に2~3日働いて、あとはちょちょっとネットビジネスで、それも10万とかじゃなくて、4~5万稼いで、ウッシッシなんですけどね。

ただ、大原扁理さんはまだ若い。ってことは医療費がかかりませんよね。これが人生半世紀を過ぎるとねえ。ぜいたくしてないのになんかお金がない。

なんでなんで?って思っていたら医療費とかサプリメントとかにやたらお金がかかっているんですよね。ってことで、歳を取ると、生きてるだけでお金がかかるってことで、やっぱり中高年には厳しい世のかななのかもしれません。では、お大事に。

関連記事
なるべく働きたくない人のお金の話

スポンサードリンク