httpsへの移行は必要?気をつける点とかワードプレスとかだと?

httpsへの移行は必要?気をつける点とかワードプレスとかだと?

httpsって、ブログやったりネットサーフィンしている人なら、あーはいはい、ってことですが、まだまだ普及してないみたいですね。って、別に人のサイトのことはどうでもいいけど、やっぱりhttpsへの移行って必要なんですかね。SEOにも作用するとか。でも、意外とハズしている人とかいて、気をつける点があるみたいですね。ワードプレスだと簡単みたいですけどね。

スポンサードリンク

httpsへの移行は必要?

インターネットのサイトって、オタクとかじゃないとあんまり意識しないけど、中高年だとねえ。URLってラジオとかテレビで見たり聞いたりしますよね。

お問い合わせはこちらまでとか言ってね。今では検索とかQRコードとかで一発だけど、一昔前はhttp://ってやってたんですよね。

で、そのURLずっとhttpでした。そう、過去形。現在は主流はhttpsって、sが着くようになったんですよね。

まあ、難しいことはそれ専門に書いているサイトがたくさんあるからそっちを観てほしいけど、まあ、簡単に言うと安全性を高めたってこと。

正確にはhttpsにするだけでは、安全性を高めるっていうか暗号化にはならないっていうけど、まあ、一応そういうことになっています。

ですから、数年前から個人情報を入力するサイトはいち早くhttpsに移行したんですよね。

それに2018年初頭ですかね。ヤッホーとかもhttpsにしたから、ヤフーショッピングとかに出店しているとこは自動的にhttpsになりました。

フェイスブックとかは当然httpsです。だからどうしたスットコドッコイってことですが、個人でサイトを運営している人たちも2018年ぐらいからこぞってhttpsに移行し始めたんですよね。

というのも、一つは暗号化っていうか安全性の問題。もう一つは検索エンジンのグーグルがhttpsにしてないサイトは検索順位を下げるって表明したんです。

下げるっていうか、httpsを上位にするって訳。それだけならまだしも、ブラウザーのクロームなんかだとねえ。もっとひどい仕打ち。

httpsにしてないサイトは、「保護されてない通信」とか表示するようになったんです。

ってことは、このサイトは危険ですっていわれているようなもの。ってことで、みなさん大騒ぎでhttpsに移行し始めたって訳。

そうは言っても、これが知ってたら何でもないけど、知ってないと意外とどうしていいか分からないってことで、未だにhttpのままのサイトも結構あります。

別にかまわないけど、それが会社のサイト、それもコンサルとか広告代理店とかだとねえ。クライアントとしては、ダメだこりゃ。ってことなりますよね。

地方のほとんど個人商店みたいな会社だと、看板はコンサルタントとか、広告代理店でござーい。って言っても、SEOってなあに?っていうところも多いですからね。

ってことで、偉そうなことを言ってるところがあったら、その会社のサイトを見てみてください。ちゃんとhttpsになっているかどうかっていうのが一つの見極めです。

httpsの移行方法で気をつける点は?

と言っても、私でもチョチョイのチョイで移行できるぐらいだから、ちょっとその辺の意識がある人なら簡単にhttpsに移行できます。

自分でできなくても、専門の業者に頼めば、「その分金額が上がりますが」とか言われることもあるけど、ほぼ簡単にできます。

まあ、仕組みを知っていると、なんでそんなに金額が上がるんだろうかって思うけど、嫌なら自分でやれってことですからね。

ただね。これがまた良く理解してないと、単にホームページのURLをhttpsにしているだけのサイトっていうのも意外とあります。

というのは、知ってる人は知ってるけど、サイトのURLってドメインっていうのが必要ですよね。このサイトだとyorezo.xyzってやつ。

通常は「.com」が多いけど、ちゃんとした会社だと「.co.jp」にしているところも多いです。「.co.jp」は登記してないと取得できませんからね。

まあ、最近はちゃんと登記した会社でも敢えて「.jp」とcoをつけないところも多いけど、それは好き好き。

そんなことはいいんだけど、そのドメインは取得したときは、別にhttpsとかhttpとかの指定はないんです。

だって、メールアドレスに使うときは、@yorezo.xyzとかになりますからね。何が言いたいかっていうと、実は最初にURLを指定したときはみんなhttpになっているんです。

ですから、サイトを公開するときにはhttpsにしても、httpが残っているっている訳なんですね。

要するにサイトのページをhttps://yorezo.xyzって指定しても、http://yorezo.xyzの方も存在するんです。

ですから、中身は同じですが、http://yorezo.xyzでアクセスしても、同じサイトが出てくるんです。

これまた知らない人だと、へーってことですが、知ってる人からすると、「このサイトを作った人は素人だな」って思います。

だって、通常はhttp://yorezo.xyzでアクセスしても、ちゃんとhttps://yorezo.xyzの方だけに行くようにしてありますからね。

いわゆるリダイレクトっていうやつ。これまた私のような素人でもできる話ですが、意外といなかの会社だと、リダイレクトをしてなくて、httpとhttpsと二つ存在するサイトもあったりします。

この場合のいなかっていうのは、地域の話じゃなくて、サイトについて知識が無いってことを言ってるんですけどね。それがこれまたコンサルとか広告代理店とかのサイトだとねえ。

うちの会社って実は素人ですって宣伝しているようなものですからね。気になる人は自分のサイトでhttpだけでアクセスしてみてください。ちゃんとhttpsの方にしかつながらないようならリダイレクトが完了しているってことですからね。

試しにURLを入れるところにhttps://yorezo.xyzと打ち込んでみてください。1~2秒移動に時間がかかるけど、URLの表示はhttps://yorezo.xyzってなっているはずですから。

それは、http://yorezo.xyzにアクセスしても、強制的にhttps://yorezo.xyzにつながるようにプログラムしているってことです。ほとんどのサイトはそのプログラムってほどじゃないけど、その作業をしているってことなんですよね。


スポンサードリンク

httpsの移行はワードプレスだと

ということで、やっかいな時代になりましたが、あたかも自分で作っているサイトならまだしも、業者に出しているようなサイトで上記のようなことがあるとねえ。ぼったくりだねえ。って思ってしまうのは私だけですかねえ。

ちなみに、ワードプレスが出てきてからは、世間一般の人っていうか、私のような機械音痴でも、ちょちょっと森田検索すればその辺のことが説明してあるから、便利な世の中になりました。

ということで、とりあえずサイトを運営している人で、良く分からんって言う人は、ワードプレスで一つサイトを作ってみれば、今回書いたことなんか、あったり前のテンテンよってなりますからね。

では、情報化社会の荒波に飲み込まれないように、しっかり羅針盤を見てやっていきましょう。あっ、もちろん、人生の羅針盤はありませんから、悪しからず。

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

卒業した大学は電子情報系の大学だったから、同級生は学生時代からパソコンオタクばっかり。当時から家に5台も6台もパソコンがあって、いろんなことをやっていたみたい。

もちろん私は「おんなじ大学出たって言うなよ」っていわれるぐらい機械音痴。パソコンの設定も同級生にじぇんぶやってもらっていました。

22世紀になると、そんな私でもこんなブログ書いたり、httpsに移行できたりと便利な世の中になりましたよね。やっと機械が人間のために働くようになったって感じですかね。

以前は機械の為に人間が働いていましたからね。はいはい、時代が変わろうと、私はいつも働いていませんでした。では、良いhttpsを。

関連記事
セミリタイアの収入源はアフィリエイト?

スポンサードリンク