深大寺の厄除けの時間や料金それに服装とスケジュールを解説

深大寺の厄除けの時間や料金それに服装とスケジュールを解説

どうも最近何をしても上手くいかない。

職場でも無理難題を言われるし、

プライベートもいろいろ問題続出。

って思っていたら、今年は厄年だった。

早速厄払いに行かないと。

何やら深大寺っていうのが有名らしいから、

行ってこようかな。申し込みとかどうするんだろう?

時間とか料金ははどれぐらい?服装とかあるのかな。

当日のスケジュールは?っていう厄払い初心者の方に、

厄払いウンチクラクターが解説します。

スポンサードリンク

深大寺の厄除けの時間は?

そんな訳で、厄除けに深大寺に行ってみようと思ったのはいいんですけど

、お寺は「厄除け」、神社は「厄払い」ですから、お間違いのないように。

そんなのどうでもいいじゃんって言ってると、

効果がないどころか天罰が下ります。

っていうのは、お寺ではありませんが、

結構神社はその辺り厳しいので覚えておいてください。

というのも、お寺は慈悲の心で、迷える人を救ってくれますが、

神社というか神様はきちんと礼を尽くさないと、

無礼な奴といって怒ってしまいますからね。

で、厄払いというのは厄を祓うということで、

生きているうちについてくる穢れや厄を祓うというもの。

これが厄払い・厄祓いなんですね。

それに対して、厄除けというのは、

遭遇するであろう厄を除けましょうというもの。

効果としては一緒ですが、若干その辺りが違うので、

一応認識しておいてください。

深大寺の場合はお寺なので、当然「厄除け」となります。

厄除け大師とも言われている「元三大師」がご本尊ですしね。

そんなことはいいから、いつ行けばいいの?っていうのを知りたいですよね。

深大寺の場合は予約は必要ありませんから、

当日行って申し込みをすれば大丈夫。

厄除けというか、深大寺では『御祈願』といいますが、

そのご祈願の時間は、平日は午前11時と午後2時の2回。

土・日・祝日は午前11時、午後1時、それに午後2時と3回やってくれます。

ただし、12月29日~12月31日の三日間は

護摩祈願を行っておりませんのでご注意ください。

また、1月1日~1月31日の間、節分(2月3日)と

元三大師大祭(3月3・4日)は特別時間となるので、

御護摩祈願の時間が変更になります。直接深大寺に問い合わせてください。

深大寺 寺務所
TEL : 042-486-5511(対応可能時間 : 9:00~17:00)

で、午前の部、午後の部、どちらにするか決めたら、

20分前までに受付済ませてください。

ですから、30分前には受付に着いておくようにしましょう。

受け付けは、本堂の左手の階段を昇ったところに、

元三大師堂があるので、そこの受付にて「申し込み用紙」に必要事項をご記入します。

護摩祈願料は3000円からです。料金によって効能に違いはありませんので、

払える金額でO.K.お札の大きさが違うぐらいです

。ただ、無理をする必要はありませんが、

ケチるのもお勧めしませんので、財布と相談して決めてください。

3千円、5千円、1万円、2万円となっております。

そして、祈願時間の10分前までに元三大師堂へ入って待っていると、

護摩祈願が始まります。一人ずつ名前を読み上げくれますので、

その時に願いを心の中で唱えましょう。

祈願が終わったら、簡単な法話があります。そしてその後お札をもらえます。

よく聞かれるので、お札はどこに置けばいいでしょうかっていうもの。

これまた神社と言うか神様と、お寺・仏様で違うんですよね。

神社のお札は南向きに目線より高いところに置きましょうとか言われますが、

お寺、深大寺のものもそうですけど、方角等は関係ないって言われます。

それよりも、毎日目にするところに置いて、

朝家を出る時に、今日祈願でお願いしたこと、

厄除けなら「今日も一日無事でありますように」ってことを、

一瞬でいいので、そのお札を見て心に留めてくださいってことのようです。

ですので、タンスの上でも机の上でもカラーボックスの上でもいいので、

毎日目にする所において、毎日一瞬でいいので、日々の安全を祈ってください。

まあ、私の様になると、毎朝「今日も一日無事でありますように。

変な上司が無理難題をいいませんように。

ちょっとは金運がよくやりますように。綺麗なおネエさんと知り合いますように」

とかお願いすることが多いので、5分はお札に手を合わせていますけどね。

ということで、厄除け祈願をきっかけに、

仏様と縁を結び、日々の生活が穏やかになることを祈りましょう。

深大寺に厄除けに行くときの服装は?

そんな厄除け、服装はどうすればいいの?っていうのが、

これまた気になるところ。よく言われるのが、

神様仏様に失礼のないように、正装。

女性は肌の露出が少ないモノをとか聞きますよね。

基本はそうです。が、これまた神社とお寺では違うんです。

神社と言うか神様は厳格ですから、男性はスーツ。

女性もスーツか肌の露出が少ない服装で、失礼のないようにしてください。

しかしながら、お寺と言うか仏様は慈悲の心ですからね。

そんなに厳しくありません。もちろん、

ヘビメタとかパンクファッションって言うのは賛否両論あるでしょうが、

それが自分の正装だからってことならそれでも構いません。

女性も夏は暑いってことで、

敢えてタンクトップとか肩出し・ミニスカートっていうのは好ましくないようですが

いつもの自分らしい服装でも大丈夫。要は、心から仏様を信じるかどうかですから。

厄除けしたからいいや、お札もらったけど、どっかやっちゃった。

毎朝なんて拝んでられないっていうのであれば、

服装をいくらきちんとしても意味がありません。

それならヘビメタでもパンクでも、毎朝・毎晩、

平穏無事に過ごせたことを感謝する人の方に仏様も手を差し伸べてくれますからね。

でも、迷った場合は正装で行くのが無難ですけど、

お寺の場合は服装はそれほど重要ではないってことを覚えておいてくださいね。


スポンサードリンク

深大寺の厄除けのタイムスケジュールは?

当日のスケジュールは、上で解説したように、

祈願時間の20分前までに受付を済ましておく

。そして、10分前までに元三大師堂に入って待機。

祈願が始まって、自分の名前が読み上がられたら、

心の中で願いを唱える。祈願終了、法話。お札授与ってカンジです。

祈願の時間は参加者の数によりますが、だいたい20分ぐらい。

その後法話があるので、全部で30分ぐらいと思っていてください。

祈願中は正座しないといけないと思っている人もいますが、

これまた慈悲のこころの仏様ですから、無理する必要はありません。

正座が厳しい人は足を崩してくださいって言われますので、

指示にしたがいましょう。もちろんあぐらをかいても問題ありません。

ですから、午前の11時の部に参加したら、終わるのが11時半。

お札をもらうのを待っても、12時前には全て完了ですので、

その後軒を連ねる深大寺そばを堪能するのがいいでしょう。

と言っても、土日祝日のお昼時は結構な混雑だから、

そばをゆっくり味わいたいのなら、意外と午後2時の部に参加して、

その後2時半ぐらいから、昼食というより、深大寺ビールを飲みながら

締めに深大寺そばって言う方がいいかも。

私はいつもそのパターンで、その後歩いて5分の深大寺温泉に入って帰るとというが、

厄除けコースとなっています。えっ?毎年厄除けしてるのかって?

いやいや、御護摩祈願ですからね。

厄除け以外にも、いろいろとお願いできるんですよ。

ってことで、午後の深大寺をゆっくり散策するのは

東京での自然を満喫できる贅沢だと実感できると思いますよ。

どら焼き カステラ ☆全国最高賞受賞のかすていらと深大寺栗どら・梅どらの欲張りセット☆TVで紹介 雑誌で紹介【あす楽】 【送料無料】【月末ポイント使っちゃおう!】


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

そんな訳で、厄除けに行くのか飲んだくれに行くのか分かりませんが、

慈悲深い元三大師様なので、大丈夫。厄除けに行かなきゃっていうより、

厄除けと深大寺そばと深大寺温泉を満喫するって気持ちで行ってみてください。

きっと心に余裕が生まれると、厄も飛んでいきますからね。

では、みなさんに元三大師様のご加護がありますように。合掌。

スポンサードリンク