3000円投資の本が人気だけどやり方とか失敗とかしないの?

3000円投資の本が人気だけどやり方とか失敗とかしないの?

3000円から投資とかなんとかいう本が人気みたいですが、本当に3000円で投資ってできるんですかね。やり方ってどうすればいいんでしょうか。失敗はしないんですかね。

スポンサードリンク

3000円投資の本が人気?

何やら3000円から出来る投資とかなんとか言う本が流行っていますよね。まあ、以前からそういうのはあったけど。

これが世相と相まって金額が変わるんですよね。10年以上前は、月に1万円でとかいうのが多かったみたい。

貯蓄から投資へって、これまた耳にタコができるぐらいいろんなところで言われ続けていますよね。

ですが、リーマンショックのあたりですからね。投資どころではないってことで、一時影をひそめました。

が、みなさんいろいろと考えるってことで、月に5000円からというのも出てきました。

とは言っても、なんか戦後最大の好景気っていわれている今日ですが、まだまだ我々の生活は楽になりませんよね。

それで、ついに3000円ってことになったみたいですね。ただ、これって基本的に投資信託の購入金額が変わってきたっていうのもあるんですよね。

投資信託、いわゆる投信。名前だけは聞いたことがあるって言う人も多いと思います。ファンドマネージャーがいろんな投資対象を集めて、それに投資するっていうもの。

詳しくは別の記事にしているから、そっちを読んでほしいけど、貯金から次のステップというと、積立投信っていうのが投資デビューの基本ですよね。

その投資信託の購入金額が3000円のものも出てきたってことですよね。そもそもは1万円からだったんですけどね。

で、月に1万円を投資っていうと、やっぱり正規雇用でそれなりにボーナス出てる人じゃないとってことで、 10年ぐらい前から、3000円で買えるものもありました。

が、それは一部だけで、やっぱり基本は1万円。そうこうするうちに、セゾン投信が5000円からっていうの出したんですよね。

セゾングローバルファンドって言う奴。未だに私の一押しですけどね。そして、SBI証券からスゴ六っていうのも出ました。

まあ、5000円以上出せるのなら、今でもこの2つで全く問題ないと思います。が、5000円でもちょっとって言う人のために、3000円っていうのが出てきたんですよね。

ってことで、3000円でも5000円でも、もちろん、1万円でもいいけど、こういうのっていうのは、毎月積み立てするのが基本。

ですから、毎月3000円貯金するっていうのの代わりに、投資信託を定期的に買ってみるっていうのもいいかもしれませんね。

特に3000円だとねえ。ホント、軽い気持ちで出来る思いますからね。失敗っていうのは基本的にはないけど、それでも3000円ですからね。

そうそう、それから、これっていわゆる長期投資って言う奴。ですから、1年や2年で成功とか失敗っていうのは分かりません。

少なくとも5年から10年。できれば20年ぐらい先を見越してやってみてくださいね。でも、5年って結構すぐに経ってしまいますからね。試しに今年からやってみてもいいかも。

3000円投資のやり方は?

じゃあ、その3000円投資、どうやってやればいいの?ってことですが、投資信託の場合は、まず証券会社に口座を開く必要があります。

今流行りの3000円投資なら、楽天証券。スゴロクならSBI証券、セゾン投信なら、セゾン投信に口座を開いてください。

そのサイトに行って、資料請求をクリックすれば一式送ってくれます。もちろん、ネットからでも申込みはできます。

が、最初は気になる証券会社や投信会社の資料を集めるところからでいいんじゃないでしょうか。で、ここにしようかなって思ったら、そこに口座を開設。

一応、これまた今は身分証明書とかマイナンバーとかを通知しないといけません。が、誰でもできるので、心配はいりません。

口座が無事開設できたら、お目当ての投資信託を「定期積立」で購入する手続きをすれば、毎月あなたの銀行口座から3000円引き落とされて、その投信を買うって言う訳です。

ですから、給料なり収入が入ってくる銀行合座から引き落とされるようにしてくださいね。じゃないと、銀行口座にお金がないと、引き落としができませんでしたってことになりますからね。

あと、黙って待つのだぞ、ちゃん。ってことで、気になるのは分かるけど、少なくても半年、できれば1年はそのままにしておいてみてください。

1年後どうなっているかがお楽しみ。まあ、実際にはもう少しいろいろとあるから、その辺は投資信託の本でも2~3冊読んでみてください。

スポンサードリンク

3000円投資の失敗は?

という3000円投資というか、3000円からでも出来る投資信託ですが、失敗ってないんですか?っていうのが気になりますよね。

投資に絶対はないと言われているけど、まあよほどのことが無い限り失敗はありません。失敗というと、逆にちょこちょこ設定を変えることかな。

毎月、毎月、投資信託の時価総額とかを見て、なんか下がってるじゃんとか言って、金額を変えたり、買うのを止めたり、別の銘柄に替えたり、そういうことをしているとジェンジェンだめですね。

あと、上にも書いたけど、積立投信だから、毎月決まった金額で買わないといけませんよね。ですから、引き落とし口座にお金がないと、購入できなくなります。

投資用にってことで、別の銀行口座にする人もいるけど、3000円ですからね。必ず給与振込口座か、収入が振り込まれる口座から引き落とされるように設定してくださいね。

ウッシッシな関連記事

ズレ蔵の戯言

投資信託って、結構まとめて100万円とかで買う人もいるんですよね。最近はないけど、積立定期預金が100万溜まりました。じゃあ、投信でも。

って、だからー、そういうことするから、騙された-とかになるんですよね。貯金以外は、いくら3000円といっても、必ず自分で理解できないものには、お金を出さない。

これが投資の鉄則です。私の様に何にも考えてない者でも、投資信託入門みたいな本を2~3冊読めば理解できますから。

それに、買わなくても、図書館にそういう本がゴロゴロあります。意外と貸出されてないから、読み放題です。では、良い投資を。

関連記事
投資信託の種類って?

スポンサードリンク