猫にお風呂というかシャンプーは必要?ドライとかおすすめのものとか

猫にお風呂というかシャンプーは必要?ドライとかおすすめのものとか

猫をお風呂に入れたいっていうか、シャンプーしたいっていうと、必要ないって言われました。猫にはシャンプーは必要ないんですかね。ドライシャンプーっていうのもあるみたいだし。お勧めのものとか知りたいし。

スポンサードリンク

猫にシャンプーは必要?

猫にシャンプーって言うかお風呂っていうか、そういうのって必要ないって言われていますよね。

確かに猫って水が嫌いだから、お風呂場に入っただけで大騒ぎする猫とかも多いし。その反面、飼い主と一緒にお風呂に入っている動画をみると羨ましいし。

ってことで、結構嫌がる猫を無理やりお風呂というか、シャンプーしている飼い主もいるみたい。

もちろん、無理やりでもなんとか暴れずにいればいいけど、ひどいとひっかいたり噛みついたりするから、そこは注意してくださいね。

ただね。猫って、そもそも砂漠地帯にいた動物じゃないですか。ですから、砂浴びはしても水浴びはしないんですよね。

ですから、頻繁にお風呂というかシャンプーというかシャワーというか、そういうのをやっていると、毛がバサパサになったりするんです。

ってことで、拾って来たりのみが付きまくっていたり、外に出て汚れたって言う時は別ですが、そうじゃないと特に短毛種は年に1~2回、せいぜい3回ぐらいにしておきましょう。

獣医さんというか、動物病院とかに行ってもそう言われます。月に1回入れている飼い主とかはあきらからにやりすぎ。

特に22世紀の現代は、完全室内飼いを厚生労働省も推奨しているし、これから猫を飼おうと思っている人とか、猫初心者のみなさんは完全室内飼いですよね。

そうすると、いくら猫がお風呂好きって言っても、そういう訳で毛に艶がなくなったりするから、そこはぐっと押さえてせいぜい春・夏・秋ぐらいにしておきましょう。

猫のシャンプーでドライは?

ということで、やっぱり猫は世話がラクちんで良かった、良かった。って喜んでいたら、なんか膝の上に上がってくるオタン子が匂う。

なんで?なんでー?ってこともありますよね。っていうのも、猫って自分でグルーミングするから、基本的には清潔なんです。

それに、これまた野生時代は自分の匂いがすると、敵に見つかったり、狩りをする時に相手に気付かれるから、ニオイを消すようにDNAがインプットされています。

が、猫って肛門腺っていうのがあるんですよね。知ってる人は知ってるけど、意外と猫を飼っていても知らない人もいるみたい。

そこからのニオイっていうのがあります。スカンクじゃないけど、最後の最後はそこから強烈な臭いを出すともいわれているし。

ただ、通常はウンチするときとか、した後にその肛門腺の中の分泌物を上手く処理しているんです。グルーミングもするし。

ですから、完全室内飼いだとそんなに気にならないけど、中には上手く処理できない猫もいたりします。

ですから、肛門腺絞りっていうのがあるぐらい。これはちょっとテクニックがいるから、素人がすると大変なことになるから、まずは病院に行ってやってもらいましょう。

ただ、そういう傾向がある猫だと、やっぱりちょっと匂ったりします。あと、肛門腺からじゃなくても、しっぽって臭いがあるんですよね。

まあ、それで縄張りを主張することにもなるんですけどね。良く外から帰ってきた飼い主の足元でゴロゴロしているけど、実は尻尾を擦り付けていたりしますよね。

飼い主に外で付いた臭いとか、猫の自分の匂いが消えていると、改めて縄張り(?)ってことで、自分の匂いを付けているって言う訳。

そんな訳で、鼻のいい人だと完全室内飼いでも、ちょっと臭いが気になったりします。そういうときは、お風呂とかシャワーじゃなくて、ドライシャンプーっていうのも効果があります。

そもそもは、お風呂やシャワーを嫌がる猫用に開発されたものですが、これだと、洗い流す必要がないから、ちゃちゃっと拭いておしまい。

猫も嫌がらないし、ニオイも取れて一石二鳥って言う訳です。これまたそんなに頻繁にする必要はないけど、ニオイが気になるときとか、高齢の猫でお風呂やシャワーが厳しいとか、もちろん、水を見るだけで大騒ぎって言う場合にはお試しください。

スポンサードリンク

猫のシャンプーでおすすめは?

で、そのドライシャンプー、どうするのってことですが、よくシャワーやお風呂の代わりに濡れたタオルで身体を拭くのもありです。とか書いてありますよね。

あの濡れたタオルっていうのは、お湯で濡らして固く絞ったタオルのことですが、濡らす代わりにドライシャンプーを付けるって言う訳です。

普通のローションタイプと泡タイプとあるから、嫌がらない方でやればいいけど、最初はローションタイプの方がハードルが低いかな。単に濡れたタオルにしか思えないから。

タオルにドライシャンプーを吹きかけて、それで猫をだっこしながら頭からマッサージするカンジです。

ですから、当然だっことかできないと厳しいけど、通常だっこしてナデナデできているのなら、手でやる代わりにドライシャンプーを付けたタオルでナデナデしてあげればいいって言う訳。

ってことで、ナデナデさえできる状態ならきわめて簡単です。ふき取りもいりませんしね。ただ、しっぽだけは気を付けてください。

通常でもしっぽって触ると嫌がる猫が多いじゃないですか。ですから、一番臭いの元なんですが、さっと拭いてください。

ゴシゴシやると、すぐに逃げていきます。あと、お尻回り。肛門周りも最初はさっと拭く程度。これも慣れると結構ちゃんと拭かせてくれるけど、最初は嫌がりますからね。

これをやるだけで、かなり臭いもなくなりから、ちょっと気になる猫ちゃんの場合はやってみてください。でも、そんなに頻繁には必要ないですからね。
ゾイック (ZOIC) ドライシャンプー 200ml 《洗い流さない簡単スピーディーなミストタイプのシャンプー》【全犬種・猫】

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ずっとシャワーにかかりっぱなしの猫ちゃんとか、飼い主と一緒にお風呂に入っている猫ちゃんとかを見ると羨ましいと思いますよね。

でも、そんな訳であまり頻繁にお風呂に入れないでくださいね。ドライシャンプーも臭いが気になる時ぐらいでO.K.ですしね。

ちなみに、室内完全放し飼いにしていると、飼い主がお風呂に入っていると、その入り口でずっと待っているいる猫ちゃんも多いみたい。猫って意外と甘えん坊ですよね。では、良いシャンプーを

関連記事
猫に歯みがきって必要?

スポンサードリンク