スノボに行く時に車の便利グッズは?装備とかチェーン取り付けとか

スノボに行こうってなった時、車で行く場合って、いろいろと装備が大変ですよね。あると便利なものってなんですかね。特に装備系とかねえ。チェーンを付けるときとかも、スノボオタクはみんな持ってるものとかあるみたいですね。

スポンサードリンク

スノボに行く時に車の便利グッズは?

スノボに行く時に車で行くって時に、あると便利なグッズってなんですかねえ。って、長距離ドライブですからね。

まずは、枕ですよね。飛行機とかで使う、頭がグラグラしないやつ。これがあれば、車の中でも爆睡間違いなし。

同じく、靴を脱ぐからスリッパですね。それから、結構エアコンが運転席と後ろでは違うから、ちょっとしたひざ掛けとかね。

えっ?それって全部爆睡モード系じゃないかって?だって、運転する人は、車持ってるぐらいだから、自分で持っているでしょ。

とか言ってると、サービスエリアで降ろされてしまいますね。でも、運転する人用としても、腰パッドなんかはいいんじゃないでしょうか。

滑りに行く時って、長距離ドライブになるから、結構腰が痛くなるんですよね。それで、座席と腰の間に挟む座布団みたいなもの。

これがねえ。腰の負担を和らげてくれるから、一つ持っておくといいかも。私も使っています。

あとは、曇り止めスプレーとかかな。通常一人か二人しか乗ってない車だとそうでもないけど、4人とか6人とか満載だと、ガラスが曇るんですよね。

ですから、内側から吹き付ける曇り止めスプレーがあると便利。特にフロントガラスは熱線でなんとかなっても、助手席側の窓が曇るってことが結構あります。

そうすると、交差点とかで巻き込み確認とかができなかったりするし、特に夜はねえ。危ないですからね。持ってると便利です。

スノボに行く車の装備の便利グッズは?

というのが、便利グッズですが、装備系のグッズとしては、雪国在住とか、しょっちゅう滑りに言ってる人は別にして、初めてとか年に数回っていう人だと、結構もってなかったりするものがあります。

まずは、雪下ろしブラシ。これも単にフロントガラスの雪を払うだけのものじゃなくて、ボンネットとか天井に積もった雪を下すやつ。

豪雪地だと、朝停めて夕方戻ってみたら1メートルとかありますからね。片側がゴムになっていて、もう片方がブラシになっているやつ。

で、延ばすと1.5メートルぐらいになるなつですね。あれじゃないと雪はおちません。特にワンボックスとか背の高いくるまだと、ちっちゃい脚立もあった方がいいですね。

脚立もホームセンターで千円ぐらいで売ってます。天井に雪を載せたまま高速走っているバカ者がいるけど、走行中に雪が落ちると、後ろの車の事故になりますからね。

刑事責任を問われます。必ず雪は落としてから走り出すようにしてくださいね。そういう意味では、雪下ろしブラシは必携。

あと、それでおちないのが窓の氷。泊りとかで行くと、朝車を出そうとしたら、フロントガラスが凍っていて、エンジンかけて熱線いれてもじぇんじぇんダメ。

ってことがあります。そういうときは、三角形とかの手のひらサイズの氷落としヘラがあるので、それでがりがりやってください。

雪落としブラシのゴムのところでも落ちるけど、サイドミラーとか、ライトとかの部分は小さいものじゃないと落としにくいのでね。

それから、意外と朝焦るのが鍵穴の凍結。最近の車はキーレスエントリーだから、ドアの鍵穴に鍵を差し込むってことは少ないけど、ドアと本体がくっついていたりします。

ってことで、鍵穴溶かしスプレーは1本あると便利。もちろん、鍵穴につかってもいいし、鍵は開いたけど、なんかドアが開かないってときは、ドアと本体の間にスプレーしてみてください。

ってことで、寒冷地在住者だと常備品だけど、首都圏とかから行く人は、意外とそれで大騒ぎしています。


スポンサードリンク

スノボに行く時車のチェーンの便利グッズは?

そんな雪道ですが、基本的には雪道はスタッドレスタイヤです。どこかが雪道で、タイヤ別の制動距離を出していたけど、ダントツでスタッドレスですからね。

スタッドレスが17メートル、スノータイヤが20メートル、チェーン付きが24メートルとか。チェーンって意味ないじゃんってカンジ。

まあ、そもそもチェーンだとスピード出せないから、多少その辺は現実とは違うでしょうけどね。

なんですが、たまに滑りに行く人だと、スタッドレスに全部履き替えってこともアレだから、チェーンですかね。

もちろん、それでつけてもらえばいいけど、その時にあると便利なのが、肘まであるゴム手袋。

これは、チェーンじゃなくても雪道走行の時にはもっていてください。雪道だとドロドロになりますよね。

ですから、当然軍手とかだと意味をなさない。ゴム手袋なんだけど、通常のだと、手は覆ってくれるけど、ちょっとタイヤの裏とかになると、肘まで必要ですからね。

ホームセンターとかにいくと、掃除用品売り場に打っています。トイレ掃除というか、トイレ層対応とかになっているけど、それだとバッチリ安心ですからね。

ライバルはゴミ収集車の係員ってことで、ぜひ1セット用意しておいてください。意外と何にでも使えますから。
キャプテンスタッグ 除雪 雪かき スノーブラシ STDM-9264


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

最近は、車を持たない人が多くて、滑りに行くのもレンタカーって人が多いですよね。確かに洗車とかしなくていいし、スタッドレス装備だし。

ですが、その分結構小物を持ってなくて、現地で大騒ぎっていう若い人も見かけます。私もレンタカー派ですが、小物は一式プラスチックの箱にいれて、そのまま持ち込むようにしています。

そうすると、車を返すときも忘れ物をしなくてすみますからね。では、良い雪道運転を。

関連記事
スノボに行く時の音楽って?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする