帰省の時に手土産は必要?親戚にはどうする?事前に送っておくのは?

ゴールデンウィークとか、長期の休みに帰省する時、特に結婚してからだと手土産って必要ですかね。親戚に挨拶するときとかもねえ。でも、大量になると事前に実家に送っておくのはアリですかねえ。

スポンサードリンク

帰省の時に手土産は必要?

独身で、特に男性だとねえ、実家に帰るのに手土産もヘチマもないってことで、「帰ったぞー」とか言う人も多いですよね。

で、妹たちから、うちの甚六はどうしようもない。お母さんが甘やかすからとか言われても屁の河童ってカンジで。

なんですが、結婚するとねえ、所帯をもつってことで、そうもいかないし、特に奥さんっていうか、女性は旦那の実家に行く時は手土産が必要ですよね。

その辺は持っていくと思いますが、よく相談を受けるのが、結婚してすぐの帰省。すぐというか、初めての帰省。

10月に結婚してお正月とか、3月に結婚してゴールデンウィークとか、そういうときって、内祝いでお返ししていますよね。

それでも手土産は持っていくのか?ってことで、当然持っていきます。内祝いのお返しは、結婚とか結婚式への御祝のお返しですからね。

帰省するときは、改めでご無沙汰していますってことでの手土産。ですから、持っていくのが基本です。

まあ、内容は改めて別の記事にしますが、離れて暮らしているのなら、今住んで居る土地の名品とかがいいですよね。

あとは、両親というか親の年齢にもよるし、後期高齢者とかだと固いものとかのどに詰まりそうなものは避けるべきですしね。

まあ、手土産っていうとお菓子ってことになるだろうか、実家でみんなの楽しく食べられるものがいいんじゃないでしょうか。

旦那なりに兄弟がいれば、チキオ夫婦が返ってくるからってことで、兄弟姉妹も集合がかかるだろうし、既に彼らが所帯をもっていると、その相方とか子供たちもやってきますからね。

チリバツ共和国っていうと、これが名産ですか、おいしいですね。っていうのを選りすぐっておいてくださいね。その辺、実はしっかり見られていますから。

帰省の時に手土産は親戚には?

で、だいたいそういうときは、親戚回りとかもしますよね。結婚式に出てもらったのなら当然。そうじゃなくても御祝とかもらっているだろうし。

ってことで、これまた選りすぐりの名品をもって、先日はありがとうございました。この度帰省しまして、ってことで挨拶をしてくればバッチリです。

まあ、日頃付き合いがあんまりないと、そう話すこともないだろうから、ホントに久しぶりなら玄関先で失礼してもいいし。

それでも、先方も遠路はるばるやってきたことなら、お茶でもってことになるでしょう。そういうときは、営業マン・ウーマンになった気分で30分なり1時間は頑張りましょう。

まあ、二人のなれ初めとか、今住んでいるところの話とか、仕事の話とかすれば、特に親戚のおばさんが、ふーん、とか、そうなのとか相槌を打ってくれると思いますからね。

あとは、キリのいいところで「そろそろ」っていえばバッチリです。一応引き留められますが、社交辞令だから「まだ、この後〇〇さんのところに行かないといけないので」とか何とか言っておいとましましょう。


スポンサードリンク

帰省の時に手土産は送るのはアリ?

ところで、これまたよく聞かれるのが、その親戚回りをするから、手土産が6個も7個もなって、持って帰るのが大変。

実家の分を入れたら10個にもなるし、これは事前に実家に送ってもいいの?ってことを聞かれます。

それはケースバイ、ケースで、基本的にはO.K.ですよね。旦那の実家なら、旦那の名前で送りましょう。

そうじゃないと、今度の嫁はとか言われることもあるから。って、義母は言わなくても、親戚のおばさんがあとでやってきて、段ボールの箱の送り状を見つけたりしますからね。

ただ、旧家とかでその辺うるさいとか、旦那からそういう話を実家にできないとき、ホテルに前泊することにして、そのホテル宛てに送るって言う手もあります。

その辺は臨機応変に行きましょう。じゃないと、地域によってはまだまだ今度の嫁はとか言われますからね。

【メーカーより直送】龍虎セット15コ入り(白あん・黒あんどら焼き)【送料込】


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

独身だと、人生半世紀を過ぎても、そういうことには気を遣わなくていいけど、所帯を持つとねえ。そこで1つの経営体になりますからね。

いろいろと大変です。ただ、1回クリアすれば、あとは大丈夫。それに、実家との関係も段々築けていけますからね。

そうは言っても、テレビドラマに出てくるようなザ・旧家で、習わしが大変な場合は、寄りつかないようにするのも手ですよ。では、良い手土産を。

関連記事
東京のお土産の定番は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする