猫がカーテンで遊ぶのを防止するにはブラインドに替える?

猫がカーテンで遊ぶのを防止するにはブラインドに替える?

猫ってなんか知らないけど、カーテンで遊ぶのが好きですよね。遊ぶだけならまだしも、それで結局破いてしまうってことで、買い替えも大変。猫がカーテンで遊ぶのを防止するにはどうしたらいいんでしょうか。ブラインドに替えるときにも注意が必要とか。

スポンサードリンク

猫がカーテンで遊ぶのは?

猫ってカーテンで遊ぶのが好きですよね。遊ぶというか、カーテンを登るっていうのが多いのかな。

あとはやっぱり多いのが、カーテンでの爪とぎ。この二つで、カーテンはボロボロって言う人も多いみたい。

ですから、定期的に買い換えるっていうのが、猫を飼っている家庭では多いですよね。それに、高級品は持ってのほか。

カーテンだけじゃなくて、カーテンレールに登るっていうのもあります。まあ、猫は高いところが好きですからね。

が、これまた登るだけで勝手に降りてくるのならいいけど、降りれなくなって大騒ぎとか、無理して飛び降りて怪我とかね。ってことで、注意しないといけません。

ということで、猫を飼っている家庭だと、カーテンへの攻撃に頭を悩ましている人も多いことでしょう。

ただねえ。これは根本的なことをしないと、猫にしつけは無理ですからね。そこのところは覚えておいてください。

猫がカーテンで遊ぶと叱るとか、猫が嫌がる臭いをスプーレーするとかする人もいるけど、ほぼ効果がありません。

スプレーの方は、1回2回なら効果あるけど、そのうち慣れて、またカーテンで爪とぎしたりってカンジです。

ただねえ、これは気を付けないと、結構猫自体の事故になりますからね。きちんと対策を立てて防止しましょう。

っていうのも、猫がカーテンで遊ぶ、特に爪とぎとか、爪を立ててカーテンを登る。ってことをしていると、カーテンが破れますよね。

まあ、みっともないってことだけなら、見た目だけの話ですが、うちのオタン子でもあったけど、自分で空けた穴というか、裂け目に引っかかることがあるんです。

うちのオタン子の場合は脚だったから大したことないっていうか、単に罠にはまったみたいで、そこから逃げ出せないだけでしたけど。

これがクビとかだとねえ、窒息死ってこともあります。現にそういう事故も報告されています。

あと、爪がひっかかって、体重で爪が剥げたとかね。ですから、意外とこのカーテンの裂け目。そのままにしておくと危ないんです。

それもあって、しっかりと防止策を立ててください。そうすると、見た目もみっともなくないですからね。もちろん、私の人生はみっともないけど。

猫がカーテンで遊ぶのを防止するには?

じゃあ、その猫がカーテンで遊ぶのを防止するのはどうしたらいいの?ってことですがまずはカーテンの生地を替えるっていうのが、一番効果あり。

だいたい、猫ってザラザラしたのがすきじゃないですか、椅子とかの背もそうだし、壁紙もザラザラしていると、爪とぎしたくなるし。

ってことで、生地がツルツルのモノに替えるのが手です。その時にちょっと厚手の遮光カーテンっていわれているコーティングしているものなら完璧。

本当に猫の爪が立たないから、爪とぎはおろか登ろうとしていも登れません。ですから、その辺から見直してみてください。

あと、だいたい猫がカーテンに登るっていうのは、高いところが好きだからですよね。ですから、キャットタワーがあれば、随分緩和されます。

まず、一番上まで登れば結構な高さになりますよね。それにキャットタワーって、ほとんど爪とぎ部分があるから、そこで事が足りるって言う訳。

爪とぎと高さっていうのは必要です。ですから、意外とカラーボックスとかでキャットタワーの代りを作っておくと、高さ的には満足するんですが、爪とぎでカーテンでやったりとかね。

その辺再度確認してみてください。といっても、うちのオタン子もそうでしたが、キャットタワーがあっても、カーテンに触ることはあります。

カーテンで遊ぶっていうより、窓の外を見たいってことで、カーテンの下の部分から窓まで接近するから、カーテンの下の部分がほつれてきたりします。

ですから、通常のカーテンだと、窓より1~2センチ長く作ってあると思いますが、逆に2~3センチ短い方が猫からの攻撃には合わないと思います。その辺もチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

猫がカーテンで遊ぶからブラインドに替える?

というのが、手っ取り早く費用もそんなに掛からないんですけど、それじゃあってことで、いっそのことカーテンを辞めてブラインドにしたら?って言う人もいます。

確かにブラインドだったら、素材的にも爪が引っかからないですからね。それにオシャレだし。なんですが、気を付けないといけないのが、ブラインドの種類というか向き。

通常ホームセンターとかで売っているブラインドっていうのは、サンが横に重なっていますよね。幅も長さもより取り見取り。価格もそんなに高くありません。

が、良く面白動画とかで出てくるのが、猫がブラインドに挟まっているもの。そうなんです。サンが横についていると、これまた猫ってそこによじ登るんです。

よじ登るだけならまだしも、結局そこに挟まって動けなくなるとか、下手するとこれまた事故になって、怪我とか命に関わるってこともあります。

ですから、ブラインドは縦についているものにしてください。っていっても、サンが縦っていうと、ホームセンターとかじゃなくて、ちゃんとした建具屋さんとかになりますよね。

その分費用も高価になります。が、ブラインドだとそれじゃないと逆に危ないから、そこのところは注意しておいてくださいね。
【ドレープ単品】 遮光カーテン 1級 一級 1級遮光カーテン 遮光 カーテン カーテン単品 ドレープ 国産 日本製 断熱 保温 形状記憶 洗濯可 洗える ウォッシャブル 送料無料 送料込

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、猫を飼うってことはそういうことなんですが、意外とカーテンの生地をツルツルにして、キャットタワーを設置すると大丈夫ってことは多いですね。

うちのオタン子もそんなカンジで、今は問題ないんですが、もう少し子猫のときは、キャットタワーとカーテンが近かったから、キャットタワーの頂上から、カーテンレールに飛び乗ったりしていました。

もちろん、降りられないっていうか、方向転換もできないから、バックで戻ってきて、キャットタワーに飛び移るんですけどね。

あるとき、カーテンレールに乗っているのをしらなくて、キャットタワーを結構窓から放したら、大騒ぎ。でしたが、意外と2メートルぐらいだったら、飛び移るんですよね。

まあ、子猫だからってことで、今はカーテンレールにも登ろうとしません。こうして猫も大人になっていくんでしょうね。では、良いカーテンを。

関連記事
猫の抜け毛対策は?

スポンサードリンク