アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫の脱走は玄関からが多いの?防止するには網戸って効果あり?

猫って、隙あらば外に出たいっていう子が多いですよね。特に玄関はねえ。飼い主の帰りをドアの前で待っていて、開けた瞬間に出て行ったとか。玄関からの脱走を防止するには、どうすればいいんでしょうか。網戸とか効果があるのかな?

スポンサードリンク

猫の脱走は玄関から?

猫って、よく外を見ていますよね。それで外に出たいのかと思って1度でも出すともうだめ。必ず外に出たがり千代子になってしまいます。

それに、保護猫とかで元々も野良だった時代があると、よほど気を付けてないと外にでるんですよね。

っていうのも、猫って自分のテリトリーがあるので、最初から部屋の中にしか出してないとそうでもないけど、一度でもほかのところに出ると、そこも毎日パトロールしないと気が済みません。

ですから、外を見ているのは別に外に出たいのじゃなくて、誰かやってくるかなあとか、野良猫がこないだろうなあとかいうもの。

そういうのを知っておくと、むやみに外に出さないから脱走癖もなくなるんですけどね。結構出してしまう人がいますよね。

それで脱走するから困るって言ってもねえ。ってことですが、とにかく猫は一度脱走すると、かえって来ないこともあるので、防止策が必要です。

特に玄関っていうのがねえ。意外と盲点で人の出入りがあるから、そのすきにってことが多いんですよね。

一番多いのは、お父さんなりお兄ちゃんが出かける時にドアを開けたら、一緒に出て行ったていうのか、はたまたドアの前で待っていて、帰宅した人がドアを開けたら出て行ったっていうのも。

この2つを防止すれば、玄関からの脱走はほとんど防げます。あと、意外と多いのが宅急便の受け取りのときに、後ろにいたのに気が付かなくてドアを開けたら出て行ったとかね。

猫って飼っていると分かりますが、気配を消すがうまいですよね。アレ?どこに行った?って思ったら、後ろにいたとか。

ちょっとドアとかふすまを開けたら、その隙間から出て行ったとか、日頃は寝てばかりいるのに、そういうときにすばしっこさっていうのは、手に負えませんよね。

ですから、玄関、これも脱走防止対策をしっかりしてないと、アレ?っていう間に出て行ってしまいます。

特に男の子は、一度出ていくと中々かえって来ませんからね。注意が必要です。女の子は、以外とすぐ近くに居たりするから、根気よく探してみてください。

猫の脱走で玄関からを防止するには?

で、その玄関ですが、脱走防止策というと、柵を付けるのが一番ですよね。よく女性なんかは鞄で出口を抑えて、後ずさりしながら猫が出ないようにするとかいう人もいるけど、とっさの時にはそれは効果なし。

ですから、防止策を付けましょう。とりあえずベビーガードみたいな1メートルぐらいのものでもないよりましです。

が、猫ってジャンプ力がありますからね。慣れると軽々と飛び越えます。そういう意味ではやはり天井近くまである柵じゃないと、最終的には意味がありません。

アコーディオンカーテンとか、屏風みたなものでも一時的には防止効果はありますが、猫って結構頭がいいですからね。

ずっと置いておくと、隙間からするりと出て行ったりします。逆に絶対出られないような柵を作れば、何度か脱走を試みて、ダメだと分かると見向きもしないようになります。

マンションなんかで内ドアっていうですかね。ガラスというか硬化プラスチックといか、そういうのがはめ込んである扉がもう一枚あれば、それで十分です。

が、それがないところとか、一戸建てなんかだと、やはり玄関に脱走防止策は必要ですね。手作りで簡単にできるから、人目を気にしないのならそれで十分。

ですが、結構来客がある家だと、なんか監獄に入っているようになるから、ちゃんとした猫防止柵を発注してもいいかもしれません。

最近は和風の素敵なものもでていますからね。各家の間口に合わせたセミオーダー。その分お値段もするし、納期も結構かかります。

ひどいと、納期まで2か月待ちとかもあるから、気になるようなら調べてみてください。でも、4~5万はするから、こころしておいてくださいね。

スポンサードリンク

猫の脱走は玄関に網戸で?

ところで、脱走防止柵だとなんか監獄みたいだからってことで、網戸みたいなのを玄関に取りつけるっていう人もいます。

が、これが普通の網戸ならすぐに破られるから気を付けてくださいね。大型の猫なら突進すると網が破れます。

また、爪でシャーっていやると、網が切れてそこから穴を広げて出て行ってしまいます。とにかく猫って、思った以上にハカイダーなんです。

ですから、せめてワイヤーネットぐらいは使わないと、猫の前にはじぇんじぇん意味がありません。ワイヤーネットの組み合わせの防止柵は、猫が登っても壊れないってことで、費用対効果はバッチリです。

あと、これも基本ですが、最近はいろんなところで「猫がいます」ステッカーっていうのを売ってたりするから、一応ドアに付けておくとねえ。

宅急便のお兄さんとかも、ドアを開けるときに、ちょっと慎重にしてくれるので、付けないよりかは効果はあると思いますよ。
ねこ専用脱走防止扉[にゃんがーど]穴あけ不要の突っ張りタイプ

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

うちのオタン子も、最初はベビーガードで大丈夫でしたが、そのうちジャンプしてその上に上るようになったので、ワイヤーネットで天井まである柵を作りました。

これがねえ。猫って頭がいいなあって思ったのは、ベビーガードって柵が縦になっているから、足を掛けるところがないんですよね。

ですから、まだ6か月だったオタン子だと、その場でのジャンプだと1メートル以上あるベビーガードには登れませんでした。

が、近くに椅子とか、なんかちょっと踏み台になるようなものがあったら、それを足場にして、ホップステップジャンプで柵の上まで登るんです。

ってことで、その辺も気を付けないとね。では、良い防止策を。

関連記事
猫の脱走防止は100均でも?

スポンサードリンク

-
-,